泌尿器科で包茎手術を受けるメリット

包茎手術が必要な判断を泌尿器科医師に委ねる

泌尿器科でも包茎の手術は受けられますが、全ての病院で対応しているわけではありませんので注意が必要です。
大きな病院や専門病院で外科病棟を持っていなければ、大学病院や専門医院に紹介状を書いてもらい転院することになります。

包茎手術を公的な病院で受けるメリットは、保険適用で外科手術を行うことが出来ることにあるのです。
大学病院などの臨床経験が豊富な外科医ならば、術後の対応も安心になります。
包茎手術全般が対応してくれるわけではなく、外科手術を行わなければ現在や将来に支障をきたす場合のみになるのです。
そうした症例は医師の判断によって、対応範囲が異なるのが特徴になります。

真性包茎やカントン包茎は勃起障害や排尿障害が起こりやすく、将来的に包皮が癒着してしまう可能性も少なくありません。
そうした場合には早急な手術が必要になります。
目安としては痛みがある場合はや、勃起時に包皮が剥けないなどの状態が判断目安になるのです。

包茎手術のメリットと改善による効果

包茎手術は審美眼的な軽度な仮性包茎を美容クリニックで行う場合や、真性包茎やカントン包茎を保険適用の外科手術で総合病院で行う場合が考えられます。
どちらが優れているかは一概には言えませんので、口コミや公式サイトをチェックして判断しなくてはいけません。
一般的に美容クリニックは包茎手術の手術例が多く執刀するために、形成的な技術が優れていると言われております。

一方で泌尿器科での手術はカントン包茎や真性包茎などの病例であるために、医学的な要素の強い手術になるのです。
術後の経過によっては性器に縫い目が目立ったりすることも考えられます。
しかし機能面は回復しますので、保険適用で一般的な総合病院の外科レベルの手術を受けられると考えて構いません。

泌尿器科で専門医をしてから独立して美容外科に転身し、包茎手術の執刀を専門的に行うケースもあります。
臨床が豊富であり総合病院に負けない、品質と仕上がりになるので評判が良いことも少なくありません。

まとめ

包茎手術はデリケートな問題であり、他人には羞恥心や恐怖は分かりにくい部分があります。
そのために誰にも相談できずに大人になってもコンプレックスを抱えてしまい、人生設計に支障をきたすケースも少なくありません。

しかしカントン包茎や真性包茎は、放っておくと健康を害してしまう可能性もありますので診察が必要です。
保険適用に認められれば健康保険が使えますので、安い費用で手術をして改善効果を得られるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。