泌尿器科で行われる包茎手術「環状切開法」とは?

包茎手術の環状切開法とは

泌尿器科では、男性の悩みになってしまう包茎手術が行えます。
包茎手術の種類はさまざまですが、特に行われることが多いのが環状切開法による手術です。
環状切開法とは、余っている包皮を輪っか状に切除して、皮が剥けている状態で縫合することで包茎を改善するという方法になります。
この手術を受けることで不衛生な状態を改善できるため、病気や臭いなどのリスクを減らすことができます。
また、早漏が改善される、亀頭のサイズアップなどのメリットも得られます。
包茎手術の基本的な治療とも言える方法で、治療する場合には保険適用することが可能です。

ただし、包茎手術を受けることによって、治療後にはある程度痛みが続くことがあります。
術後には性行為や自慰行為を1ヶ月ほど控えることが求められます。
医師の技術によっては手術の後が目立ってしまうこともあるため、縫合跡を目立たなくしたい場合には環状切開法に慣れた技術力の高い医師を探す必要があります。

包茎手術に対して技術力の高い医師の選び方

包茎手術を行う場合には、技術力が高い医師に任せることが大切です。
泌尿器科では、全国の真性包茎の治療実績が公開されていることから、そこから選ぶことができます。

選ぶときの基準としては、口コミや感想を参考にすることが良いとされてます。
公式サイトやブログなどで情報は集められますがこれらはクリニック側の発信する情報であり、どのような治療がなされるのか、治療後の様子がわからない状態です。
口コミや感想は実際に治療を受けた患者からの情報ですので、技術力や説明の仕方が分かりやすかったか、料金についてやアフターケアのことなどがわかります。
悪い口コミなどもチェックするとより安心です。
スタッフが男性だけというクリニックを選べば、行く時に心理的な抵抗が少なくなります。
受付やカウンセリングなど女性スタッフだと行くことに抵抗を覚える人も多いですが、男性スタッフだけのクリニックであれば、悩みも相談しやすいです。
ほかにも、アフターケアが充実しているか、環状切開法で治療するときに保険適用されるかなどをチェックします。

まとめ

包茎は男性の大きなコンプレックスになってしまいます。
大手の実績のあるクリニックであれば、その分手術数も多く、技術力が高い医師に担当してもらえると予想できます。

泌尿器科で手術を受ける場合には、全国の真性包茎の治療実績が公開されているため、それを見てみることでクリニックを探しやすくなります。
泌尿器科で行うことによって、保険適用されるため安い費用で手術を受けられます。

包茎クリニックという選択肢もあるため、自分に合ったクリニック探しをすることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。