泌尿器科で包茎手術を受けるデメリット

泌尿器科の包茎手術は見た目より機能優先

泌尿器科は包茎手術を扱っている診療科ですが、包茎の種類によっては保険適用が受けられる可能性があるものの、見た目は二の次といった傾向があるのがデメリットです。
つまり男性としての機能を優先して包茎手術を行うので、見た目を重視するなら泌尿器科ではなく、デザイン力の高いクリニックに相談するのが無難です。
泌尿器科とクリニックは、包茎手術に用いる術式が異なる違いがありますし、美しく自然な仕上がりを求めるなら前者は候補から外れます。
それほど仕上がりに差があらわれますから、機能だけでなく見た目も重視するなら断然クリニックが有力な選択肢となるでしょう。
包茎手術の安全性については、経験が豊富と思われる旧式の術式を用いる泌尿器科に軍配が上がりますが、それは同時にデメリットにもなります。
クリニックの方が最新の術式を積極的に採用する傾向なので、新しい術式の包茎手術を受けたい人には、選択肢が限られること自体がデメリットというわけです。

泌尿器科で包茎手術を受けると見た目に不満が残る可能性あり

泌尿器科で包茎手術を受けると、見た目を重視するクリニックの術式では手術が受けられないので、傷跡が目立ったり患部の境目が分かってしまうデメリットが生じます。
真性包茎やカントン包茎は、保険適用で包茎手術ができるメリットありますが、見た目に関しては技術力の差から、クリニックほどの満足感は得られない恐れが強いです。
というのも、包茎手術を中心に提供しているクリニックと泌尿器科では、技術力に繋がる経験に大きな違いがあります。
やはり包茎手術専門のクリニックは設備、先生の技術共にレベルが高いですし、患者さんが希望する見た目の仕上がりを念頭に置きつつ機能を改善しようとします。
その為、仕上がりの完成度も泌尿器科を上回ることが多く、それが満足度の差になってあらわれます。
泌尿器科もれっきとした診療科なので、安全面に不安を覚えることはないでしょうが、仕上がりの特に見た目に不満が残る可能性があることは留意すべきです。

まとめ

泌尿器科で包茎手術を受けることは、クリニックとの間で術式や技術力の差が違いとなって結果にあらわれます。
泌尿器科が採用している術式は旧式の場合が多く、実績だけでいえば安心ですが、仕上がりの自然さについては後発の術式の方が優れます。
比較的新しい術式は、包茎手術を専門としているクリニックが積極的に採用しており、泌尿器科では採用されていないことがあるので注意です。
傷跡が残る包茎手術はいくら安くても避けたいものですが、泌尿器科で包茎手術を受けると目立つ傷跡が残る可能性があって、それが大きなデメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。