泌尿器科での包茎手術がおすすめの人

泌尿器科をおすすめする人の特徴

包茎手術でイメージをするのは、ネットやTVCMで見かける専門のクリニックかもしれません。
しかし状態によっては病気の一つであり、一般の泌尿器科でも包茎手術は実施しています。
そのため包茎手術を考えている男性は、どちらで受けるべきか迷うかもしれません。
専門のクリニックではなく泌尿器科での包茎手術をおすすめする人は、カントン包茎や真性包茎の男性です。
手でペニスの包皮を剥くことができない状態は、仮性包茎とは異なり病気です。
放置していると感染症の原因になったり、性行為に支障を来したりなどさまざまな悪影響があります。
ですから泌尿器科でカントン包茎や真性包茎の包茎手術を受けると、健康保険が適用されて費用を安く抑えることが可能です。
見た目の問題である仮性包茎手術は、泌尿器科でも健康保険は適用されません。
全額自費での包茎手術となりますから、仮性以外なら包茎手術は泌尿器科を選ぶのもおすすめです。

注意点もある泌尿器科での包茎手術

泌尿器科での包茎手術には、注意点もあります。
最も大きな泌尿器科での包茎手術にある注意点とは、仕上がりに関してです。
泌尿器科で行っている包茎手術は、あくまでも医療行為です。
美容外科のように審美目的の包茎手術ではありませんから、美しい仕上がりに期待できません。
包茎手術の跡が残ってしまったり、性感帯に影響を及ぼしたりするケースもあります。
そのため健康保険が適用され包茎手術の費用を安く抑えられても、失敗したと感じる男性は多いでしょう。
専門のクリニックは審美的な側面も考えながら包茎手術を実施しているので、傷跡を目立たなくさせたり性感も考慮してデザインをします。
包茎手術に仕上がりの良さも求めるなら、泌尿器科ではなく専門クリニックがおすすめです。
専門のクリニックでもカントン包茎や真性包茎でも包茎手術は可能ですし、問題を解消しつつきれいな仕上がりを実現してくれますから、見た目も気になるなら検討してみましょう。

まとめ

泌尿器科の包茎手術には、状態次第では健康保険が適用されたり術後のアフターフォローが安心できるなど、専門クリニックにはない魅力的な特徴があります。
そのため安心感や包茎手術の費用を安く抑えたいなら、おすすめの方法です。
しかし泌尿器科の包茎手術は、仕上がりに関しては軽視しがちです。
包茎手術の傷跡が目立つなど見た目が悪くなってしまう可能性は高いので、専門のクリニックと比較をしながらどちらが良いか決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。